ゆる~いペースで奈良を楽しむ
神社仏閣・名所旧跡

天理教の枝垂れ桜の場所!夜桜ライトアップの様子と駐車場やトイレ事情

桜

奈良県天理市にある天理教々会本部。

地元の人は
「天理の本部さん」と呼んでるんですが

この本部さんの敷地内にはとても大きく見事な枝垂桜が3本もあります。

かぱこ
かぱこ
ここ数年、この桜を見に行くことが
私たち夫婦の楽しみの楽しみの一つです。

こちらがその桜です。

天理教教会本部の大きな桜の前で撮影

 

かぱお
かぱお

桜の前で手を広げてるのが私です。

この大きさ伝わってますでしょうか?

私の目測や歩測ですが

  • 枝ぶりの直径は約15m
  • 高さは6~8m
  • 3階建てに足場を組んで枝を支えている

という巨木っぷりです!

天理教々会本部には
このクラスの桜が3本もあって
競って咲く姿はまさに絶景です。

 

今回は
この大桜の

  • 見所や込み具合
  • 場所や駐車場
  • 気になるトイレ事情

などについてまとめてご案内いたします。

2022年の様子(クリックで拡大)

4月13日、旬を逃がさないために下見に行きました。

この時点では通りの桜はきれいに咲いてましたが、
3本のしだれ桜はまったく咲いていませんでした。

かぱこ
かぱこ
天気と桜の咲き具合を見てを花見本番日と決定し
4月29日おべんとう持ちで出かけました。

この日は、見事!
3本ともきれいに咲いていました(⌒∇⌒)

2022年3月29日の様子(クリックで拡大)

 

ナイスタイミングで行けた理由

こんなにナイスタイミングで行けたのは
天理教さんが今年から枝垂れ桜のライブ配信を始めてくれたからなのです。

ほんとに助かりました(*´ω`)

実は冒頭の写真もそのライブカメラのwebページを切り抜いたものなのです。

枝垂れ桜ライブカメラ
かぱお
かぱお
このライブビューカメラは、1分間隔で更新されています。
あなたも約2分間、桜の前で大手を広げて
じっと耐えれるだけでこの写真が手に入ります(笑)


※ただし、2023年度以降もライブビューカメラが設置された場合に限る

夜桜のライトアップ

今年、2022年は夜桜のライトアップも実施されました。

こちらは、4月2日19時30頃の写真です。

ライトアップされたのは
3本の枝垂れ桜のうちの2本

真ん中の桜と北の桜です。

この時期、やはり夜は肌寒く10分-15分楽しむ程度ではありますが

ライトアップの情報を聞きつけた耳聡い人たちは
お昼にはない妖艶で幻想的な枝垂桜を楽しんでいました。

天理教本部の枝垂れ桜の場所!

大きな3本のしだれ桜は天理教本部の境内東側の奥
『別席場』というところにあります。

 

※地図をクリックでgoogleマップが開きます

天理教教会本部や境内内、またその周辺には
この枝垂れ桜以外にもたくさんの桜のスポットがあります。

私たち夫婦が、はじめてここを訪れたのは4-5年前

SNSで「本部さんの枝垂れ桜は素晴らしい、一見の価値あり」
という情報だけで探しに行ったのでずいぶん周辺を探し回る羽目になりました。

もし、この桜を見に行くのでしたら
ぜひ、↑の地図を参考にスイスイ桜に会いに行っていただければと思います。

すぐ近く!おすすめランチはこちら

古民家フレンチレストラン【Le Reve (ル レーヴ)】

 

駐車場やトイレ事情も紹介

住所:奈良県天理市三島町1番地1
電話番号:0743-63-1511(代表)

 

※地図をクリックでgoogleマップが開きます

車で行く

駐車場:無料(何箇所かあります)
第1駐車場が近いです。

電車で行く

天理駅を降りて
商店街をひたすらまっすぐ行くと本部があります。
前の道には出店が並んでいます。

天理教の枝垂れ桜周辺のトイレ事情は?

天理駅から桜までもそうですが
第一駐車場付近にも公衆トイレが多くあります。

こちらの桜を見に行く際は
行楽地特有のトイレ問題は心配ないでしょう。

始めて天理市に来られた多くの方が驚かれるのが
市中心部や片理教施設付近の公衆トイレがきれいという事です。

これは天理教の信者さんがお勤めという名で
(徳を積むため?修行?すいません詳しくは分かりませんが,,,)

毎日、清掃してくださってるからなのです。

信者さんは黒い法被を着ていることが多く
見ればすぐにわかるのですが、皆さん一様に礼儀正しく人にやさしい感じです。

天理教の枝垂れ桜の記事まとめ

いかがでしたか?

天理教教会本部の枝垂れ桜について

  • 場所は別席というエリア
  • ライブビューカメラやライトアップがスタート
  • 駐車場やトイレは心配なし

などお伝えしました。

あなたも機会があれば
ぜひ、実物の雄大さを生で体験してください。

私たち夫婦は
来年も枝垂れ桜達に会うのが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。